佐藤金属株式会社

先輩社員インタビュー

パンくずリスト

国内勤務/本社 2004年入社 本社 材料一部 軽金属化 山崎史生

佐藤金属への入社を決めた理由を教えてください。

学生時代に英語を学んでいたため、就職活動の際は海外との関わりが多くある仕事に従事したいと考えていました。さらに言えば、海外にあまり存在しない商社という業態で働くことにも興味を感じておりました。そこで当社に出会ったわけですが、会社説明会に社長が参加されたことに衝撃を受けたのを憶えています。あれよあれよという間に選考が進み、一番最初に内定をもらい、第一希望であったため就職活動を続ける理由もなくそこで入社を決めました。また、採用活動において総務部の方々が非常に丁寧で真摯にご対応頂けたことも理由の一つです。

所属する部署での仕事内容を教えてください。

山崎史生入社後、本社 材料二部 伸銅・電子材料課(現・材料部材料二課)という部署に配属されました。入社前の配属発表で「伸銅」を「振動」と勘違いしたのは今となっては良い思い出です(笑)。私が販売しているのは「伸銅品」というものです。それは主に銅の板やコイル(金属の板を薄く加工し渦巻き状に巻いたもの。トイレットペーパーの紙が金属の板に変わったと思ってください) です。その材料はプレス加工された後、最終的には誰もが知るゲーム機やスマートフォンに搭載されます。

私の担当するお客様のほとんどは海外にございます。その多くは台湾や中国などの東アジアが中心ですが、その他にアメリカやバングラデシュにもおります。日常業務はほぼメールが中心ですが、急ぎの案件がある場合は電話で応対する事もしばしばあります。また、メインのお客様が台湾にあるため、隔月に一度は現地に出張しております。異なる文化や商習慣の中で戸惑う事もありますが、一つ一つのやり取りが良い経験になっていると感じます。

*平成29年1月1日付で本社材料部材料二課から仙台支店営業課に異動になりました。

もっとも印象に残っている仕事を教えてください。

採用活動の面接リーダーを務めさせて頂いた事です。営業の仕事ではないのか?と思っている方がいらっしゃったらすみません(笑)。2016年度の採用活動から従来のやり方を一新するという事で、社長直々に「面接方式は井上に任せる」と仰って頂きスタートしたのですが、通常業務と違い新鮮な事が多く、強烈な印象が残っています。採用活動を統括している総務部をはじめ、様々な方々の協力のもと、一から何かを築き上げるという難しさはありましたが、来年度以降の採用活動の土台作りはできたのかな、という達成感が忘れられません。正直、楽しかったです(笑)。

あなたにとって、佐藤金属の良いところは?

他の会社の事情は分からないため、一概に比較はできないとは思いますが、若手社員に多くの裁量が与えられていると思います。基本的にトップダウンで指示が来るわけではなく、私のような担当者レベルの人間でも積極的に意見を言う土壌、いや言わなければいけない土壌があります。

私にとってその環境は歓迎すべきものであり、生半可なことは言えませんので、仕事に真摯に向き合えています。上司に物事を報告する際には得意先や仕入れ先からの要望をそのまま伝えるだけでなく、そこに自分の思っている事や意見を必ず添えて言うようにしています。また、上司からも「その件は井上に任せるから」ということもしばしばあります。ただ、その言葉を鵜呑みにして、独断で動いてしまうと予期せぬ事が起こったりするので、必ず相談した上で動く様にしています。ですので、自ら意欲的に行動したい、思っていることを発信したい、というような能動的なタイプの人にとって、当社は居心地が良いと感じると思います。

佐藤金属で仕事をする上で、大事なことは何でしょうか?

また、得意先と仕入先の間に位置しているという性質上、客観的な視点で物事を判断する事が重要であると思います。当然、ある程度得意先の意向に軸足を置いてはいるのですが、時には得意先の要望に沿えない事もあります。その時はお互いの妥協点を探りながら、上手く着地させることも当社の役割であると思っています。ただ、そのためには日頃から双方と会話をし、関係を築いていなければならないので、コミュニケーション能力が大事だと思いますね。

どのような学生時代を過ごしましたか?

小学校、中学校はサッカー、高校はラグビーとスポーツ漬けの生活を送っており、勉強をした記憶がほとんどありません(笑) 。大学に入ってしばらく経ってから英語に興味を持ち始め、留学等を通じて注力したことを憶えておりますが、今振り返りますと親の言う事を聞いて勉学に励んでいれば良かったなぁ、とつくづく感じます。あとアルコールは頻繁に摂取してましたね(笑)。 当然20歳を過ぎてからの話です。

将来、佐藤金属で実現していきたい目標、夢は?

ありきたりな回答で申し訳ないのですが、まだまだ周りの先輩や上司の助けを借りる事が多いので、一刻も早く知識や経験を身につけて一人前の営業マンになりたいと思います。また、現状ではまだまだ先輩が開拓した得意先や仕入れ先との取引が多いので、自らの力で一からビジネスを築き上げていきたいです。

あなたが考える「豊かな人生」とは?

仕事もプライベートも両方充実している事、これに尽きると思います。どちらかが欠けても「豊かな人生」には繋がらないと個人的には強く思います。あとは健康である事。何をするにもやっぱり体が資本ですので。
休日の過ごし方 お気に入りの癒しグッズ

  • 最近は家の掃除にハマっています。(写真左)
  • ミニカーをボーっと眺めるのが趣味です。(写真右)

先輩社員一覧

© Copyright 2013, SATO METAL TRADING CO., LTD. ALL rights reserved.